【30分で完成】1年中楽しめるフレッシュなユーカリリースの作り方

フラワーレシピ

フラワーメイキングが初心者の方でも、簡単に作れる「ユーカリのリース」の作り方を解説します。

フレッシュ(生花)なユーカリまたはドライフラワーのユーカリ、どちらでもOK。

香りもよく1年中飾って楽しめるリースです。

作り方も簡単なので初心者の方にもおすすめ!

ワイヤーで土台に巻いて、リボンを飾るだけで完成します。

30分程でサクっと作ることができますので、花を触り作ることを楽しんで制作していきましょう。

▼この記事の動画版もあります。動画を見ながら制作したい方はこちらをご覧ください。▼

Let’s do flower making  !!

スポンサーリンク

【step0】材料 : 準備するもの。

左:ユーカリ・グニー 、右:ユーカリ・ポポラス
【花材】
□ユーカリ・グニー・・・7本
□ユーカリ・ポポラス・・・3本
(制作例はフレッシュのユーカリ2種類を使用)
リース作りに必要な道具と材料
【道具】
□蔓のリース(つるのリース土台)
□リースワイヤー(工具用のワイヤー等でもOK)
□麻紐(100円ショップでも購入可)
□リボン(好きなデザインのリボン何本でもOK)
□ハサミ(クラフトバサミがおすすめ)

ボリュームを変えたい場合は、ユーカリの本数を変えてもOKです。

道具類は全て100円ショップでも準備可能。

スポンサーリンク

【step1】下準備:花の切り分け。

01.

ユーカリは枝分かれしている部分でカットし切り分ける。

02.

切り分けた状態。

Point.

土台リースに固定しやすいようユーカリを切り分けしパーツにしていく作業は地味で少しめんどうですが、細かくパーツ分けすることで綺麗に仕上がります。

完成作品の見た目にかなり差が出るので、手を抜かず切り分けていきましょう。

下準備でパーツにしておくことで、形を作り始める作業がスムーズに進みます。

【step2】ベース作り:リースを吊るす為の「フック」を作る。

03.

麻紐でひと結びの輪を作り、リースに固定する。

リースから3㎝くらいが、完成した時に花からワイヤーがはみ出さない。

見えてもOKなので、好みの長さで調節する。

04.

リースに固定できたら、余分な紐はカットする。

Point.

「フック」付けは最後の仕上げの時でも良いですが、後からだと固定しづらく花が崩れやすくもなります。

先にしておく方が制作がやりやすいです。

麻紐ではなく、あえて見せてしまう可愛いリボンをフックにしてもOKです!!

【step3】花をデザインする:ユーカリを巻きつけ固定する。

05.

ユーカリを3本束ねて、麻紐などで茎を結ぶ。

長めの束と短めの束に分けて5から6束作る。

06.

花を巻くワイヤーの始まりの位置を決めて、ワイヤーを一周させ固定する。

今回はリース土台の蔓の下半分を見せたいため、上半分に花を乗せていく。

そのため始まりを側面にしている。

右側か左側からかは作りやすい方でOK。

07.

固定したワイヤーの上に先程のユーカリのミニ花束を1束ずつ乗せ、ワイヤーを巻いて固定する。

08.

ユーカリの束を重ねて少しずつ巻いていき、半円まできたら進行方向の向きを変えてワイヤーで固定する。

09.

スキマにユーカリを足してボリュームを出す。

Point.

花の組み合わせやバランスを見ながら、花を飾っていきましょう。

ボリュームを出したい場合は、すでに固定しているユーカリの上に重ねていくとスキマも埋まりふんわり仕上がります。

少なめの花でもスッキリ仕上がるので、スタイリッシュなリースが完成します。

お好みのボリュームで調整し、作りましょう。

ワイヤーを使用するのでケガには注意し、あまり強く持ち過ぎずに優しく扱っていくと安全です。

お子さまは大人の方と一緒に取り組みましょう。

【step4】仕上げ:リボンをつけて完成!

10.

好みのリボンを、好きな部分に巻いて飾る。

巻き方は自由。

好きな場所に、好きなリボンを、好きな結び方で飾ろう!

Point.

仕上げにリボンをつけていきますが、リボンなしでもかわいいので先ほどの工程で終了でもOKです!

リボンは好みによって、楽しんでください。

季節によって、リボンだけ変えてみてもかわいいです。

クリスマスシーズンには、まつぼっくりや赤い木の実などを添えるとクリスマスリースに変わります!

完成です☆

おつかれさまでした!!

さいごに。

フレッシュなユーカリを蔓のリースに巻いただけの、シンプルなユーカリリースの作り方を紹介しました。

花をワイヤーで巻いて固定していくだけで簡単に作れます。

フレッシュなユーカリの場合は、そのままドライフラワーになっていくので長く楽しめます。

ドライフラワーのユーカリで制作しても形が後から崩れにくいのでおすすめです。

1年中楽しめて、季節によって飾りを付け足し変化を楽しむのも良いですね!

秋から冬は特にイベントごとも多いので、一つリース飾りがあるとイベントの気分も上がります。

ぜひ、簡単に作れるリース季節のイベントを楽しんでください。

道具はどれも100円ショップやホームセンターでも購入できます。

ユーカリはほとんどの花屋さんに年中ある花材です。

(花屋さんによっては、季節によってない場合もあります。)

最低限の材料で簡単に制作できるので、コストも抑えて作っていきましょう。

花に合わせた好みのリボンで、自分らしいオリジナルのリースを完成させてください。

みなさんが、素敵な花時間に癒され楽しいひとときを過ごせますように!

コメント